?三倉岳



三倉岳トポ広場から見た三倉岳入口のモニュメント

キャンプ場は静かな木立の中

 
 モルモットクラック    ヒップチムニー

地元クライマー

ヒップクラックの出だしも意外と悪い

駐車場にある人工壁
 
ワイド系クラックの宝庫

 


正面・右ルートの取り付き

正面・右ルート3P目

前途洋洋2P目5.10b

2009年5月1日~5日
広島県・三倉岳へ行ってきました。
本厚木駅に5/1(金)22:30集合し出発。
運転を交代しながら渋滞に引っ掛かりつつ到着したのは翌日の
15:30頃でした。
その日は登らずスーパーで買い出しと小瀬川温泉で休養となり
ました。
5/3(日)は源助崩れに行き、モアイクラック、ヒップ・チム
ニー、ラッキーネーブルを登り、上の岩場に移動して、チェリ
ーブラッサム、おまけクラックを登りました。
その後モルモットクラック5.11aをトライしました。
とくにモルモットはハンド~フィストのクラックで見た目にも
美しい素晴らしいクラックでした。
5/4(月)は上の岳・正面壁の右ルート(3P)に行ってみました。
1P目5.7、2P目5.10a、3P目5.10aスラブ部分は、インスボンの
ような粒子の荒いフリクションの良く効く花崗岩でした。
3P目は後で分かったのですが「前途洋洋」の2P目5.10bを登って
しまいました。
懸垂で取り付きに戻ると小雨がパラパラと落ちてきたので下山。
名残惜しい気持ちでしたが、帰りの渋滞を考えて早めにテント
を撤収、三倉岳をバックに記念写真を撮り東京に向けて出発し
ました。
今回の三倉岳ツアーでは、普段の講習会では練習する機会が少
ないワイド系のクラックを登ることができました。
滅多に訪れることのできない遠方でのクライミングは参加者の
皆さんも気合が入り、とても刺激になったことと思います。